読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#AQUANAUTS vol.16 とMr Josephのこと。

コラム 告知 リキッドファンク

筆者がレジデントDJとして参加する『AQUANAUTS vol.16』が、いよいよ今週末11/19(土)16時から早稲田は茶箱にて開催されます。今回は3周年記念!というこで、イベントのスターティングメンバーであるTacKun.と、もはや準メンバーといっても過言ではない、関西を代表するドラムンベースDJ 101さんが、はるばる駆けつけてくれます。ゆめゆめ見逃すなかれよ(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

f:id:HizuruPilgrim:20161117185604j:plain
 

さて「Liquid Funk & Lounge Drum&Bass」をテーマとしたAQUANAUTSも3周年を迎えますが「リキッドファンク?なにそれおいしいの?」という方、まだまだいらっしゃると思います。ご安心ください。本コラムではそんな方に向けて、その魅力を少しでもお伝えすべく、様々な切り口でリキッドファンクをご紹介しています。今回は、前回のLenzmanに引き続きプロデューサーに目を向けてみましょう。取り上げるのはLIQUID VとFizzy Beats、ふたつのレーベルを軸に精力的なリリースを続けるロンドンの俊英Mr Josephです!

Fizzy Beatsからの最新EP『Heartless』はMr Josephにしては珍しく、ややディープ寄りなサウンド

 

仲間と始めたイベントが、レーベルにまで発展したFizzy Beats。この楽曲はそのFizzy Beatsから09年にリリースされた、Mr Josephの記念すべきファーストシングルです。彼のプロデューサーとしてのキャリアがここから始まりました。幼いころから親しんできたというジャズ、ソウル、ファンクのフレーバーをふんだんに効かせた彼らしいスタイルが、すでにこの頃から確立していますね。

 

名門LIQUID Vからリリースされたコンピ『Club Sessions Vol.4』に収録の「Wonderful Feeling」はリキッドファンクの特大アンセムであり、彼の出世作になりました。定番のアーメンビーツにソウルフルなボーカルが乗る、個人的にも大好きな一曲。12年のリリースという事でやや懐かしい曲になってきましたが、間違いなくドラムンベース史に残る永遠の名曲でしょう!

 

あまりリミキサーとしての仕事を見かけないMr Josephですが、これは彼が手掛けた数少ないリミックスの中でも極上の一曲ではないでしょうか。彼の手腕が存分に発揮されたDJ Zinc & MC Fats - Move That Soundは、もはや原曲とはまったくの別物!(笑) DJ Zincの無骨なハウスがどうしてこうなった!?っという野暮なツッコミは置いといて、このような素晴らしいサウンドを届けてくれる彼に、筆者はただただこうべを垂れるのみです。

 

いかがだったでしょうか。AQUANAUTSでは今回ご紹介したような楽曲を、これでもかとばかりにプレイします。本記事をご覧になって「リキッドファンクって美味しい!」と思った方は、ぜひぜひイベントにも足をお運び下さい。お待ちしてますm(_ _)m もっとリキッドファンクについて知りたい、聴いてみたいという方は、以前の記事にもお目通しいただければ幸いです。