読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#AQUANAUTS vol.13 とFokuz Recordingsのこと。

 今週末5/21(土)16時から早稲田は茶箱にて開催されるリキッドファンクイベント『AQUANAUTS vol.13』にてDJします!

 本コラムではリキッドファンクって何なのさ?という方に向けて、その魅力をお伝えすべく、あわよくばイベントにも遊びに来て!という願いも込めて、色んな切り口でリキッドファンクをご紹介しています。前回ご紹介した「Liquid V」に引き続き、今回もレーベルに目を向けてみましょう。

f:id:HizuruPilgrim:20160518113223j:plain

今回取り上げるレーベルは「Fokuz Recordings」AQUANAUTSでも毎回ひんぱんにプレイされる、リキッドファンクでは定番の人気レーベルです。1999年にDreazzとDrum Originsにより立ち上げられたオランダのレーベルであり、ドラムンベースの本国であるUKとはまた一味違ったサウンドが楽しめます。一概に言えない部分もありますが、特にジャズやクロスオーバーからの影響が色濃く、大人っぽい落ち着いた雰囲気のトラックが多い印象です。

 

Drum Origins - Infinite Orbit

99年にリリースされたFokuz Recordingsの記念すべき1枚目はDrum Originsによるもの。この頃にはまだ「リキッドファンク」というワード自体が生まれておらず、90年代に猛威をふるったアートコアの影響が色濃く見えますね。

 

Flowrian - Jasmine
Rowpieces & Pulsaar - Soap Bubbles On You

現在のFokuzを語る上で外せないのがFlowrian、Rowpieces、Pulsaarの三名のプロデューサーです。この御三方はぜひ覚えて帰っていただきたい!各々の活動も然ることながら、合作で発表するトラックは特に完成度が高く、フロアでプレイすればそこは真夜中ミッドナイト。夕方に開催されているAQUANAUTSだって、たちまち夜の雰囲気になってしまいます。上記の2曲が気にいったという方は、Paul SG率いるJazzsticks Recordingsも併せてチェックしてみてね!

 

Kasper & Satl - Mr Funky 

とはいえ、大人っぽい、大人しいばかりのレーベルではございません。中にはこんなブンブンベースが地響きのごとく鳴り響くディープローラーチューンもあり、フロアでの機能性もしっかりと追求してくれています。聴いてよし、踊ってよしの超優良レーベルですよ!(このトラックが気にいった方は、本レーベルからもリリースのあるプロデューサーImpishを併せてチェック!)

 

AQUANAUTSでは今回ご紹介したようなトラックを、これでもかとばかりにプレイします!本記事をご覧になって「リキッドファンクって良いかも!」と思った方は、ぜひぜひイベントにも足をお運び下さい。お待ちしてますm(_ _)m もっとリキッドファンクについて知りたい、聴いてみたいという方は、以前の記事にもお目通しいただければ幸いです。

#AQUANAUTS vol.12 とLiquid Vのこと。

 今週末3/17(土)16時から早稲田は茶箱にて開催されるリキッドファンクイベント『AQUANAUTS vol.12』にDJとして出演させて頂きます!

 本コラムではリキッドファンクって何なのさ?という方に向けて、その魅力をお伝えすべく、あわよくばイベントにも遊びに来て!という願いも込めて、色んな切り口でリキッドファンクをご紹介しています。これまでプロデューサーやボーカリスト、アンセム等をキーワードに楽曲を紹介してきましたが、今回は少し趣向を変えてレーベルに目を向けてみたいと思います。

f:id:HizuruPilgrim:20160318162234j:plain

 今回取り上げるレーベルは「Liquid V」2004年にドラムンベースの老舗V Recordings傘下に設立されたリキッドファンクレーベルです。サブレーベルとはいえ、その影響力は誰もが知るHospital Recordsにも引けを取らず、シーンの屋台骨を担う存在であると言えるでしょう。一昨年リリースされた設立10周年を記念するコンピレーション『LV:X』は、本レーベルを代表するアンセムばかりを収録しリマスタリングを施した、一家に一枚の必携盤です!もはや、このコンピを聴いていただければ語る言葉もないくらいなのですが、それでは当ブログを覗いていただいた甲斐がありませんので、僭越ながら筆者のオススメのトラックをいくつかご紹介したいと思います。

Lv:x - Ten Years Of Liquid V

Lv:x - Ten Years Of Liquid V

 

Mr Joseph - I Still Love You

 当ブログではもう何度も取り上げているMr Joseph、そろそろ「もういいよ!」なんて声が聞こえてきそうですが、筆者にとっては彼こそ現リキッドファンクシーンの立役者。いくら紹介しても足りないぐらい好きなプロデューサーなのです。彼が「Liquid V」からリリースした『Floating Island EP』は間違いなくシーンの金字塔になることでしょう!

 

Peshay - Fall for You ft Natalie Reece

 ドラムンベース黎明期から活躍する大御所Peshayによる『Funkster EP』はLiquid Vに相応しいソウルネスとブラックネスに溢れた快作!この作品が前述の『Floating Island EP』に続けてリリースされた時には本当に驚かされました。エポックメイキングな作品は図らずも同時期に集まるのか、はたまたレーベルオーナーであるBryan Geeの策略か。どちらにせよ、2013年のLiquid Vには何かが宿っていたとしか思えません(° ꈊ °)✧キラッ

 

Paul SG - Stay Classy feat T.R.A.C

それから、MC T.R.A.Cをフィーチャーしたストリート感のある楽曲もこのレーベルらしさがよく出ていると思います。楽曲数としてはそれほど多いわけではないものの、Paul SGとの本作や、Mr Joseph - Soul GirlDave Owen - The Party's ArrivedSubmorphics - Higher Ground等など、いずれも名曲揃いです!

 

Makoto & Danny Wheeler - Midnight Hour

 そんな、現リキッドファンクシーンを牽引するLiquid Vですが、日本を代表するドラムンベースプロデューサーMAKOTOさんも、Danny Wheelerとのシングルをこの間リリースしたばかり!これからもますます目が離せない存在なのです。

 

AQUANAUTSでは今回ご紹介したようなトラックを、これでもかとばかりにプレイします!本記事をご覧になって「リキッドファンクって良いかも!」と思った方は、ぜひぜひイベントにも足をお運び下さい。お待ちしてますm(_ _)m もっとリキッドファンクについて知りたい、聴いてみたいという方は、以前の記事にもお目通しいただければと思います。

【鏡音リン】炉心融解 (BPM174 Edit)【Drum&Bass】をアップしました。この曲を #ボカイン でプレイします!

ボカロ史に輝く名曲中の名曲、iroha(sasaki)さんの『炉心融解』をドラムンベースにエディットしてみました!

 

2008年末にアップロードされ未だ根強い人気を誇るこの曲。筆者にとってはボーカロイドカルチャーの原体験となった曲と言っても過言ではありません。思い入れのあるこの曲をドラムンベースのDJプレイで使ってみたい。しかし、オリジナルはBPM165というミックスするには微妙なテンポ。ならば作ってしまえと、こさえてみたのがこの「BPM174 Edit」です。

 

恐れ多くも、3/5(土)渋谷R-Lounge6Fにて初のデイ開催となる「VOCALOID-Infinity∞~Distortion~」で、DJをさせていただく機会をいただいてます!もちろんこのトラックも携えて、ボーカロイド×ドラムンベースをテーマにDJしてみますので、ぜひぜひお立ち寄りくださいませm(_ _)m

f:id:HizuruPilgrim:20160225203450j:plain

#AQUANAUTS vol.11とベスト・リキッドファンク・トラックス2015!

今週末1/16(土)16時から早稲田は茶箱にて開催されるリキッドファンク&ラウンジ・ドラムンベースイベント『AQUANAUTS vol.11』にDJとして出演させて頂きます!

AQUANAUTSの告知と共に恒例となっておりますリキッドファンク紹介コラム。今回は年始ということで、昨年リリースされたリキッドファンクの中から筆者の個人的ベスト5を紹介させていただこうと思います!

 

Fade feat. LaMeduza - Quicksand

 ポーランドのプロデユーサーFadeの一曲。この曲がリリースされるまで筆者は全くのノーマークでして、ボーカリストのLaMeduzaの客演がなかったらスルーしてしまう所でした。ディープ系でキャリアを積んできたプロデューサーらしく、ディープかつソリッドなトラックにブルージーなボーカルが映えてますね。

 

Riya - Fear Bites ft. Dynamite MC

ドラムンベースの歌姫RIYA嬢のアルバム『Sublimation』からのリードトラック。客演にDynamite MC迎えて放つトラックは、Roni Size / Reprazentの金字塔「Brown Paper Bag」をオマージュするかのようなベースライン。しかもDynamite MCのリリックの出だしは「Step to the rhythm made of brown…」って…!これを聴いた瞬間、心臓を掴まれる想いがしました。ニクイ演出しやがってからに!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

Break Ft. Celestine - Hope

大御所Breakのアルバム『Simpler Times』から、長年の相方であるCelestineがボーカルを務める一曲。Break御大はニューロファンク寄りなプロデューサーではありますが、アルバムには必ずこのようなソウルフルなボーカルトラックが数曲入っており、その懐の深さを伺わせます。(特に師のRemixワークなどでは、ゴージャスなリハーモナイズを聴く事ができ、ジャズへの造詣の深さを感じますね。)

 

Loadstar - Native

この曲も全くの瓢箪から駒でした。Loadstarといったらロッキン&サイバーを得意とするプロデューサーだとばかり思っていたら、こんな爽やかな曲も書けるんですね!哀愁のあるトラックの上で、高らかに歌いあげるボーカルに、思わず空を仰いでしまいそうです。Etherwoodを想わせるジャケットアートに、やや作為的なものを感じてしまいますが…(笑

 

Calyx & TeeBee - Long Gone

ベテランユニットCalyx & TeeBeeによるギターとウッドベースのリフが印象的な一曲。「Elevate This Sound」から続投のこのシブいボーカリストは誰なんだろうなと思って調べてみたら、なんとCalyxご本人なんだそうです!こんなにカッコイイ曲が作れる上にイケボとか!今後はCalyx御大のボーカリストとしての活動にも注目しなければいけませんね(✧Д✧) カッ!!

 

いかがだったでしょうか?リキッドファンクと言っておきながら、今回ご紹介した曲のほとんどはディープ系スレスレの所かもしれません。昨年の筆者は気づけばジャズ寄りなFokuz Recordingsばかりプレイしているという体たらくでしたので、自戒を込めてという個人的な理由もちょっとだけありますが、昨年はディープな歌モノが特に豊作だったように思います。

 

新年明けて一発目のAQUANAUTSでは、今回ご紹介したトラックも積極的に使っていきますので、ぜひぜひイベントにも足をお運び下さい。お待ちしてます!m(_ _)mもっとリキッドファンクについて知りたい、聴いてみたいという方は、よろしければ以前の記事にもお目通し下さい。

2015年イチオシアルバムベスト5!

2016年、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします!m(_ _)m

 

昨年を振り返ってみれば、日本の音楽業界はサブスクリプションサービス元年と言える年でしたね。米IT御三家AppleGoogleAmazonや、ポピュラーミュージックのメインリスナー層である10代、20代を多く抱えるLine、エイベックスとサイバーエージェントが仕掛けるAWAなどのサービスインで、その様相は早くも百花繚乱。その普及率はまだまだ芳しいとは言えないようではありますが…。

しかしながら、 こうしたサブスクリプションサービスの登場が、今後の音楽流通に大きく影響してくるであろうことは自明の理。SpotifyやPandoraといったサービスが猛威を振るう欧米市場では、早くもCDでのリリースがない作品が増えてきました。筆者がチェックしていたものの中では、2014年のメジャーデビューアルバムでポップシーンを沸かせたFKA twigsの最新EP『M3LL155X』や、ドラムンベースの大御所Breakの『Simpler Times』、ドラムンベース発のヒップホップユニットIvy Labの1st LP『20/20』などなど。これらはいずれもレコードとダウンロードでの販売となっており、洋楽のCDメディアからの脱却がいよいよ始まった事を実感させられました。

 

そんな世相に逆行するかのように、筆者が購入した2015年リリースのCDアルバム30枚!今回はその中から、厳選に厳選を重ねたベスト5をご紹介したいと思います。

f:id:HizuruPilgrim:20160110163012j:plain

 

Lynx / I Am Lynx

ドラムンベースの革命児Lynxが老舗Hospital Recordsから放った渾身の一作。これまでのLynx関連作に比べると全体にポップさが増した印象ですが、彼らしい捻れ具合と、オールドスクールへの憧憬も相まって絶妙なバランスに仕上がっています。昨年11月にリリースされたRockwell『Obsolete Medium』とも共通する、シンプルでシンボリックな音像は、今後のドラムンベースシーンの行方を左右する作品になるかも?

I Am Lynx

I Am Lynx

 

 

Swindle / Peace Love And Music

ダブステップの名門Deep Mediからの1st『Do The Jazz』が大きな波紋を呼んだSwindle。そんな彼の2ndはダブステップのフォーマットを踏襲しながらも、ジャズやソウルのフレイバーをふんだんに盛り込んだ、ポピュラーミュージックシーンにもリーチする内容になってます。先に紹介したLynx『I Am Lynx』もそうですが、昨年あたりからUKベースミュージックには「ポップ」というキーワードが見え隠れするようになったと筆者は感じており、これもまたエポックメイキングな作品になりそうです。

ピース・ラヴ・アンド・ミュージック

ピース・ラヴ・アンド・ミュージック

 

 

Modestep / London Road

ロックとダブステップを融合させたバンドModestepの2nd。本作のインタビューで彼らのリーダー的存在であるJosh Friendが「かつて俺たちを刺激したアーティストたちと作りたかったんだ。そのころのヴァイブを取り戻したかった。」と語っている通り、FuntCaseやTeddy Killerz、Culprateといったダブステップの中でも特にブロステップ(Brostep)と呼ばれるジャンルのプロデューサーが名を連ねています。しかし、本作はそんなアプローチとは裏腹に、懐古主義におちいることなく、よりアグレッシブでストリート感覚にあふれたModestepの新たなる一面を描き出すことに成功していると思います。

London Road

London Road

 

 

 

Dego / The More Things Stay The Same

00年頃にウエスト・ロンドンを中心に興ったブロークン・ビーツ。本作はそのムーブメントのオリジネイターであるDegoのソロ名義での2作目にあたります。これまで氏の関連作を聴いてきた筆者にとっては、これといった目新しさこそないものの、時代に合わせた音像で自身のサウンドを着実にアップデートする堅実な内容。昨今のUKガラージの再興やフューチャーベースの勃興、新世代ジャズの盛り上がりなどと相まって、そのフューチャリスティックなサウンドは、むしろ今こそ新鮮に響くのではないでしょうか。

The More Things Stay The Same (ザ・モア・シングズ・ステイ・ザ・セイム)

The More Things Stay The Same (ザ・モア・シングズ・ステイ・ザ・セイム)

 

 

 Jlin / Dark Energy

ジューク/フットワークがPlanet Mu のコンピ『Bangs & Works Vol.1』で世界的に認知されるようになってから今年で5年。キーパーソンであるDJ Rashadを喪って、やや停滞気味だったシーンが新たな才能を送り出してきました。そのサウンド最大の特徴は、アフロ・アメリカンである彼女のルーツを想起させる、アフリカンパーカッションの大胆な導入にあると思います。元々アフロ・ポリリズムがジュークの技術的要素でもありましたので、これは相性が良くないハズありません。またCLAP! CLAP!やNozinjaが世界的な注目を集める昨今、2016年はエキゾチカがより一層の盛り上がりを見せるかもしれませんね!

Dark Energy [ボーナストラック収録+インタビュー付き]

Dark Energy [ボーナストラック収録+インタビュー付き]

 

 

コミックマーケット89に参加するよ!『MIKUHOP LP2:Border』と『Cocoon / samayuzame』を委託頒布いたします。

来たる大晦日の木曜日、東京ビッグサイトで行われるコミックマーケット89に当サークル『What a Wonderful World』が参加させていただきます。スペースは東カ60bです。サークルとしての新譜は特にありませんが、筆者が近ごろ参加させていただいた作品を委託頒布予定ですので、是非ともお立ち寄り下さいm(_ _)m

f:id:HizuruPilgrim:20151226021020j:plain

Dio~la~cov / mirgliP (1st EP)

http://www.nicovideo.jp/watch/nm14675254

Dio~la~cov vol.2 / mirgliP (2nd EP)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm25176112

● MIKUHOP LP2:Border / V.A. (一曲参加)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm27295918

● Cocoon / samayuzame (マスタリングを担当)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm27514550

 

話題のソフトシンセXfer Serumを買ったので、簡単に紹介するよ!

昨年のリリースから何かと巷を騒がせているソフトシンセサイザーSerum。筆者もずっと気になっていて、ブラックフライデーサイバーマンデーのセールでお安くならないかなぁと一縷の望みを賭けて全力で待機していたのですが、残念ながら今年のセールでは対象外でしたね。辛抱たまらなくなった筆者は定価の189ドル(23,000円くらい)で購入に踏み切りました。導入からわずか一日足らずですが、今回はSerumに関する筆者のファーストインプレッションを書かせていただこうと思います。

 

①見た目がカッコイイ!

まずはココ大事ですね。楽曲を作るモチベーションも上がります。しかも、ただカッコイイだけじゃありません。音色の変化に伴って、波形やフィルター、エンベロープが今どんな動きをしているのかグラフィカルに表示してくれます。音作りに役立ちそうなこの機能ですが、ただただ見ているだけでも楽しいのです…。

f:id:HizuruPilgrim:20151209071047g:plain
 

②直感的で解りやすい!

非常に洗練された解りやすいインターフェイスで、Massiveを使った事のある人であれば、ものの数分で使えてしまうと思います。シンセサイザーは初めてという人でも、YouTubeにいくつかアップロードされているチュートリアルビデオをご覧になれば、今日からでも自作パッチが作れそう。筆者はSylenth1・Massive・Razorを使っていますが、そのどれよりもシンプルで簡単だと言えます。

 

③エフェクトが使いやすい!

FXのタブを開くと現れるのがエフェクトラック。ここから10種類のエフェクトを追加出来るようになっています。どのエフェクトもシンプルで使いやすく効きもバッチリ!しかもエフェクトをかける順番も、左上のタブをドラッグ&ドロップで入れ替えることで簡単に変更することが出来ます。シンセサイズパートとは独立した、エフェクトとしてのフィルターが用意されているのも、かゆいところに手が届きますなぁ。

f:id:HizuruPilgrim:20151209082120j:plain

 

出音がイイ!

シンセで一番大事なのはやっぱりココ!これは聴いていただくのが手っ取り早いでしょう。ドラムンベース愛好家の筆者としては、特に気になるのがベースの太さ。まずはプリセットから「BA Squerbo [SN]」を使ってドラムンベースを作ってみました。

いいですね!太いと評判のMassiveにも引けを取らないと思います。お次はLogue4さん(@Logue4music)が無償配布している自作パッチから「BS Monster Wobble」を使ったダブステップです。

正直ワブルベースには苦手意識があったのですが、結構それっぽくなったんじゃないでしょうか。これもLogue4さん制作の音色とSerumのおかげですm(_ _)m ダブステップドラムンベース向けのLogue4さん自作パッチは下記からダウンロード出来ます。

 

と、ここまで良い点を挙げ連ねてきましたが、一点だけ欠点と言いますか「おや?」と思った部分も書いておきます。実はこのSerum、今までのシンセならば必ずあったであろうアンプリファイア」が無いんですね*1。通常、シンセはエンベロープで音の減衰をコントロールすることで音色のキャラクターを決めるんですが、エンベロープをアサインする先のアンプリファイアが無いとはこれいかに?色々といじってみると、どうやら「ENV1」に元々アサインされているようです。今のところこの点に不便さは感じていませんが、これまで他のシンセで音作りをしたことのある人は戸惑ってしまいそうです。

 

以上、導入一日足らずのファーストインプレッションでした。まだまだ使いこなせていない機能や、筆者が気づいていてない長所・短所も多々あるでしょうから、追々ご報告したいと思います。ここまでお付き合いいただき感謝m(_ _)m

*1:マスターボリュームはあるものの、ここにはエンベロープLFOのアサインは出来ません。